きわもと泌尿器科

頻尿

こんな症状はありませんか?

 

  • 夜、何度もトイレに行きたくなる
  • 仕事中、すぐにトイレに行きたくなる
  • 何度もトイレに行くが、1回の排尿量は少ない
  • トイレが近いので、長時間の外出がしにくい
  • 突然トイレに行きたくなり、間に合わないことがある
  • それまで何ともなかったのに、突然トイレに行きたくなる

など

頻尿のお悩みは、奈良市にある泌尿器科の専門診療クリニック・きわもと泌尿器科クリニックまでお気軽にご相談ください。ベテランの日本泌尿器科学会専門医が、お一人おひとりをゆっくり丁寧に診させていただきます。

頻尿とは?

「1日に8回以上トイレに行く」という場合は頻尿の可能性があります

頻尿

突然、我慢できないほどの尿意に襲われたり、1日に何度もトイレに行きたくなったり、夜、トイレで何度も目が覚めたりする方は当院までご相談ください。頻尿が疑われます。 頻尿とは、頻繁に尿意が起こって、何度もトイレに行ってしまうことをいいます。1つの目安として、「1日に8回以上トイレに行く」という場合は頻尿の可能性があります。また、寝ている時に尿意で目が覚めるのも、正常な状態とはいえません。一度、泌尿器科を受診されることをおすすめします。

頻尿の原因

50歳以上の男性の場合、特に多いのが前立腺肥大症です

頻尿の原因は様々ですが、主に前立腺肥大症、膀胱炎、前立腺炎、過活動膀胱などの病気が原因で起こるケースと、体に病気や異常は認められないのに、「トイレのことが気になって、何度も行きたくなる」という心因性のケースが挙げられます。

50歳以上の男性の場合、特に多いのが前立腺肥大症の症状として現れる頻尿です。稀に膀胱がんが原因で起こることもあるので、注意が必要です。

頻尿の検査

尿流測定など必要な検査を行います

頻尿の症状を訴えてお越しになられた患者様には、尿検査など前立腺疾患に関する検査を一通り行い、50歳以上の方につきましては、PSA(前立腺特異抗原)の測定も行います。膀胱がんの症状として頻尿が現れるケースもありますので、適切な検査で悪性腫瘍は除外しておくようにします。

頻尿の原因として一番多いのは前立腺肥大症です。特に夜間頻尿がある場合には、前立腺肥大症の症状として現れているケースが疑われますので、尿流測定を行って1回の尿の勢い・量・時間や、残尿などを確認して、排尿効率をチェックします。

また、排尿日誌をつけることも大切です。尿の量・時間を測ってもらうだけで、低コスト・低侵襲で様々な情報が得られます。

頻尿の治療

頻尿の治療は泌尿器科で受けましょう

頻尿の治療は、抗コリン剤などによる薬物療法が中心となります。ただし、頻尿の症状がある場合でも、残尿が多くて頻尿になっているケースもあれば、膀胱に尿は溜まっていないのに、何度もトイレに行くたくなるケースもあり、それぞれで適切な治療方法は異なります。残尿が多くて頻尿になっている方へ、抗コリン剤などの頻尿治療薬を処方すると、効果がないばかりか、残尿が増えて悪化することもありますので、慎重に症状を見極める必要があります。こうした見極めは、泌尿器科でないと難しいと思われます。

お薬と併用して干渉低周波治療・骨盤底筋体操などを行います

頻抗コリン薬などの治療薬と併用して、干渉低周波治療器(ウロマスター)を使って膀胱や尿道の筋肉を刺激したり、骨盤底筋体操などを指導したりして、症状の改善をはかります。

間質性膀胱炎も念頭において診察します

間質性膀胱炎とは?

間質性膀胱炎とは、尿が膀胱の間質(上皮と筋肉の間)にしみ込み、慢性的な炎症が起こることで、膀胱が委縮してしまう病気です。間質性膀胱炎のうち、重症のハンナ型間質性膀胱炎は難病に指定されています。

主な症状は頻尿、尿意切迫感、膀胱の痛みなどで、「ただの頻尿だと思っていたら、間質性膀胱炎だった」という可能性もありますので、そのことを念頭に置いて慎重に診察を行います。

0742527580 0742527580

オフィシャルサイトはこちら

top