きわもと泌尿器科

前立腺症状マップ

気になる症状があればお早めにご相談ください

気になる症状があればお早めにご相談ください

奈良市にある泌尿器科の専門診療クリニック・きわもと泌尿器科クリニックでは、泌尿器の様々なお悩みに対して、ベテランの日本泌尿器科学会専門医が適切な治療を行っています。ゆっくり時間をかけて、患者様お一人おひとりから症状をおうかがいさせていただきますので、お気軽に当院までご相談ください。

尿が出ない・尿に勢いがない・残尿感がある

このような症状でお困りの場合には、「尿閉」の可能性があります。尿閉とは、膀胱に溜まった尿が排尿できなくなることをいいます。苦痛をともなう場合が多いので、お早めに当院までご連絡ください。

※尿閉について詳しくはこちら

トイレが近い・突然トイレに行きたくなる

このような症状でお困りの場合には、「頻尿」の可能性があります。頻尿とは、頻繁に尿意が起こって、何度もトイレに行ってしまうことをいいます。1日8回以上トイレに行くような場合には、頻尿が疑われますのでお早めに当院までご相談ください。

※頻尿について詳しくはこちら

排尿時に痛みがある

排尿の時に痛みが起こることを「排尿時痛」といいます。成人女性によくみられる症状ですが、男性でも起こる場合があります。また、年齢にかかわらず現れることもありますので、年齢・性別を問わず注意が必要です。

※排尿時痛について詳しくはこちら

尿が我慢できず漏れる・咳やくしゃみをした時に尿が漏れる・お腹に力を入れると尿が漏れる

このような症状でお困りの場合には、「尿失禁」の可能性があります。尿失禁とは、ご自身の意思とは関係なく尿が漏れることをいいます。恥ずかしがって、症状があってもそのままにしている方が多いのですが、放っておくと膀胱や腎臓で感染症が起こる場合がありますので、我慢せずにお早目に当院までご相談ください。

※尿失禁について詳しくはこちら

腹部に痛み・圧迫感がある

このような症状でお困りの場合には、「下部尿路閉塞」の可能性があります。下部尿路が何らかの原因により詰まり、排尿されなくなる・排尿しにくくなる状態などのことを、下部尿路閉鎖といいます。症状でお困りでしたら、お早めに当院までご相談ください。

※下部尿路閉塞について詳しくはこちら

残尿感がある・何度もトイレに行きたくなる・尿の勢いが弱い

このような症状でお困りの場合には、「前立腺肥大症」の可能性があります。前立腺肥大症とは、前立腺が肥大することで、尿道が圧迫されて残尿感や排尿困難などの症状が合わられる病気です。気になる症状がありましたら、お早めに当院までご相談ください。

※前立腺肥大症について詳しくはこちら

排尿後に痛みや熱感がある・残尿感がある・頻尿

このような症状でお困りの場合には、「前立腺炎」の可能性があります。前立腺炎とは、前立腺で炎症が起こった状態をいいます。症状でお困りでしたら、一度当院までご連絡ください。

※前立腺炎について詳しくはこちら

血液検査でPSAが高値だと指摘された

PSA(前立腺特異抗原)は腫瘍マーカーの1つで、これが高値を示す時には前立腺がんが疑われます。PSAの正常値は4 ng/ml以下ですが、これ以上の場合にはグレーゾーンと判定されますので、泌尿器科で詳しく検査を受けられることをおすすめします。

※前立腺がんについて詳しくはこちら

0742527580 0742527580

オフィシャルサイトはこちら

top